Hatena::Groupwindowsmobile-dev

WindowsMobileのはなし

 | 

2010-08-17

DeviceResolutionAwareのはなし

| 18:12 | DeviceResolutionAwareのはなし - WindowsMobileのはなし を含むブックマーク はてなブックマーク - DeviceResolutionAwareのはなし - WindowsMobileのはなし

C++でのネイティブ開発向けのライブラリとしてDeviceResolutionAware.hというヘッダライブラリSDK内に提供されています。

こいつはなんぞや。ってところからいくと、WindowsMobileには96dpi, 128dpi, 192dpiの3種類があります。Standardも含めると5種類ぐらいかな?

でもってこんだけ解像度がたくさんあったら開発者がたいへんだろが!あほ!ということでこのライブラリがあるわけです。

何をしてくれるかというと、つまるところ、定数値をDPIスケーリングするためのライブラリです。このライブラリ内にDRA::SCALEXDRA::SCALEYといった関数が含まれていて、こいつに定数を渡すと実行中の端末のDPIにあわせた値にスケーリングしてくれるという便利なやつです。

DRA::SCALEXDRA::SCALEYはインライン展開されるけど、毎回計算したら遅いんじゃ・・・とかおもったんですけど意外と遅くなりませんでした。さすがMS

1千万回呼んで誤差が数十秒程度なので実際のところはほとんど無視できる範囲だと思います。

インライン展開されるのでコード量が増えるのがちょっとあれですけど、どんどん使っていったらいいとおもいますよ!

MichelMichel2012/11/03 18:13I wanted to spend a muinte to thank you for this.

ogwsdkogwsdk2012/11/04 06:37W6kEHj <a href="http://waxhmaymusfs.com/">waxhmaymusfs</a>

gliebhdgliebhd2012/11/05 14:43RlBtF5 , [url=http://olexlldtwevk.com/]olexlldtwevk[/url], [link=http://oftqfgzvnijo.com/]oftqfgzvnijo[/link], http://covjofyrkfpd.com/

 |